2021/5/22

afureru_mv.jpg

2021年5月26日~30日に第15回公演『れる』を上演する劇団5454(ランドリー)。

2020年には8周年を迎え、新たに窪田道聡と及川詩乃が劇団員となった。

新作『れる』は、この新劇団員の2人が主軸の物語だそう。

春陽さんを交えた3人へのインタビューと稽古場レポートに加え、

コロナ禍で中止・延期をしてきたなか、今回上演を決断された思いを

新たにインタビューした全3回でお送りします。

インタビュアーと写真は仲 俊光(なか としみつ)です。

1.

2.

3.

1.は2021年5月に、

2.3.は当初の公演予定(2021年1月)に向けて2020年末に取材したものです

2

「涙とはこういう役割だ!」に、たどり着けた。

左から劇団5454主宰・春陽漁介/及川詩乃/窪田道聡

プロフィールはこちら

(ここからは2020年末にインタビューしたものです)

インタビューのアポイントをとる際にはカフェを指定してくださり、当日カフェに10分前に行くとすでに及川さんがいらして席をとってくれていた。

挨拶をしていると春陽さんが到着した。


 

春陽

窪田が遅れてるみたいなんですよね。

 

ーー

じゃあ雑談しておきますか。

コロナ禍での稽古はどうしてたんですか?

 

春陽

秋頃から公演に向けて稽古をはじめたんですけど

それまでは劇団員それぞれのYouTube配信を見て様子確認みたいな感じです。

 

及川

Zoomとかはしてましたよね。

 

春陽

そうだね。

Zoom会議はしてましたけど、こんなに劇団員に会わないのは久々でした。

 

ーー

そうなんですね。

 

春陽

及川と窪田的にはウズウズした状態で始まった稽古なんじゃないですかね。

写真は稽古中の及川さん。この日は春陽さんから与えられたお題に沿ったエチュードが行われた。

ーー

ちなみにいま、台本は何割ぐらいできてるんですか?

 

春陽

ゼロです。

 

及川

(笑)

 

春陽

ネタ出しの時間が長いんですよ。客演の時もそうじゃなかった?
 

(及川さんは客演として第13回公演『ト音』や第14回公演『カタロゴス〜「青」についての短編集〜』に出演。後者には窪田さんも出演)

 

及川

そうですね。再再演の『ト音』でも、大阪、大分、東京と3箇所まわって各公演で構成が違って、場面自体は変わらないけど場面の入れ替えとかはあって、その都度みんなで話し合って変更してました。

 

ーー

ここからどうやって形になっていくんですか?

『溢れる』も余裕があるぞってタイミングでもないじゃないですか?

 

及川

ホントですよね(笑)

 

春陽

ホントですよね。

 

ーー

そんな他人事みたいに(笑)

 

春陽

実は1回形になりかけたものがあるんですよ。

 

(及川さんの悲しげな表情)

 

春陽

でもこれちょっと違うってなって。

 

ーー

ちょっと違うというのは?

 

春陽

方向性が決まりかけて「それいいじゃん」ってみんなで盛り上がったんですけど

練っていく時に「ちょっと待てよ。これランドリーがやることか?」ってなって。

 

ーー

ランドリーがやることか?ですか。

 

春陽

せっかく涙をテーマにしてるのに、もっと出来ることあるんじゃないかなって思って

稽古のとき劇団員に「ちょっと違う気がします」って言うと絶望的な顔になってましたね。

 

一同 笑

 

春陽

あの時の盛り上がりは何だったの?みたいな顔でした。

 

ーー

おもしろいおもしろくないとは別の軸で

ランドリーっぽい。ランドリーっぽくない。っていうのがあるんですね。

 

春陽

そうですね。ランドリーだったらもっとこうだみたいなのはありますね。ランドリーらしさは、みっちーさん(窪田さん)もよく言うんですよ。

写真はエチュードでふと飛び出したセリフなどに笑顔を見せる春陽さん

ーー

その1回形になりかけたものってどういう話なんですか?

 

春陽

それはお仕事もので涙に関わる仕事って何だ?ってなって

涙を拭くためのティッシュを開発しよう!と。

 

及川

めちゃくちゃ盛り上がったんですよ。

(頭の少し上あたりに手を置いて)ここまで降りてきた!って言ってましたよね。

 

春陽

(笑)あとは掴むだけだって言ってたんですけど、羽ばたいていきましたね。

 

ーー

(笑)たしかに今までの作風とは違う印象ですね。

 

春陽

おもしろいとは思いますけど

テーマを涙にしてるのに、付属品になっちゃうのがいやで。

 

ーー

なるほど。

 

春陽

お仕事のサクセスものとしてはおもしろいだろうけど

物語としての目的が、涙を拭くための商品を作ることになっちゃうのは

違うんじゃないかって思ったんですよね。

あくまで軸は涙じゃないといけないんじゃないかと。

 

ーー

主題に対する覚悟があるんですね。

 

春陽

せっかく見つけた主題を「こういう処理でいいか」っていうのはしたくないですよね。

 

ーー

涙っていろんな感情に紐づいているので

観る側からしたら楽しそうなんですけど作るのは大変そうですよね。

 

春陽

ホントですよね。

 

ーー

また他人事みたいに。

 

春陽

ちゃんと「涙についての物語」であってほしい。

「こういう涙はこうだよね」ではなく、すべてをひっくるめて「涙とはこういう役割だ!」っていうのを見つけたいんですよ。

 

ーー

身近なテーマながらすごい壮大ですね。

 

春陽

そこにはたどり着けました。

 

ーー

すごい。

 

春陽

2ヶ月ぐらい延々と話し、いろんな涙があるけど「これだ!」っていう

1個の提示で涙を説明できる1つの解釈が見つかって

それを描くにはどういう物語がいいのかを構築している段階ですね。ここからもまた涙への理解や発見が増えてくると思いますけど。


 

(窪田さんが到着。一言二言のあいさつで、ずっといたような空気感をまとう)

ーー

雑談のつもりだったんですけど、結局『溢れる』の話をしちゃってました。

 

窪田

オッケーっす。

 

春陽

『溢れる』のテーマの「涙」って及川から出てきたんですよ。

 

及川

この3人でZoomでネタだしをしてて。

 

春陽

ランドリーがまだ題材にしてない身近なものは何だろうって話してて、涙じゃないですか?って及川が言って。

 

及川

わたしが涙もろくて所構わず些細なことで泣いちゃうことがあって、それが恥ずかしいって話をしたんです。

 

ーー

及川さんはどんな時に涙が流れるんですか?

 

及川

人の思い出話を聞いても泣いちゃいます。

あとは優しくされると泣いちゃいます。

 

ーー

映画やドラマを観てても?

 

及川

それは当たり前のように泣きますね。

 

春陽

ぼくやみっちーさんは真逆の感覚なんですよ。

全米が泣いたとかいう作品とかだと

「どこで泣かしてくれるんだ?」ってテンションで観ちゃうというか。

これで泣いたら負けだとさえ思ってるんですけど。

 

一同 笑

 

春陽

みっちーさんは今回そういう役柄です。

お互いに相容れない感覚があると思うんです。

 

ーー

2人が対比構造になってるんですね。

カンフェティさんの記事でパーソナルな部分を映し出されているとあったんですけど

窪田さんは『カタロゴス〜「青」についての短編集〜』でも冷たい感じの役柄でしたよね。

 

窪田

あれは冷たくないんですけどね(笑)

 

春陽

一般的に見ればヤバい奴だから(笑)

 

窪田

ぼくはあったかいですよ。

 

春陽

どっかで怪しいんですよ。

共犯ゲームっていう人狼ゲームみたいなことをたまにするんですけど

みっちーさんは犯人じゃなくてもどこか怪しいんですよ。

 

一同 (笑)

 

春陽

舞台で良い人を演じててもどこか信用できなく見えちゃうのがみっちーさんの一番の魅力じゃないかな(笑)

 

一同 (笑)

 

春陽

逆に及川は人のことをだます役をしてたとしても

お客さんに愛されちゃうというか信頼されちゃう感じがあるんですよね。

 

ーー

『溢れる』の中ではどんな関係性なんですか?

 

窪田

もういいの?

 

及川

決まったんですか?

 

春陽

そうする!

 

一同 (笑)

 

春陽

及川がみっちーさんのことを憧れ的な感じで好きになるんですよ。でもみっちーさんはすぐ泣く女がきらい。

及川はなんとなく抱いてた涙に対するコンプレックスを明確になんとかしたいと意識するようになる物語です。

写真は稽古中の窪田さん。なぜ泣いてしまうのかを聞き出そうとしている。

ーー

ありがとうございます。

涙にちなんだ質問で、最近泣いたことって何ですか?

 

窪田

きのう泣いたよ。

 

春陽

何で(驚)?!

 

窪田

『DAYS』ってサッカーマンガ読んで。

 

及川

マンガ好きですよね。

 

春陽

みっちーさんは実生活では泣かないんですけど

フィクションでは泣くんですよ。

 

窪田

マンガめっちゃ泣きます。

 

春陽

生身の人間で泣けないんじゃない?

 

窪田

なのかな?

 

ーー

距離が必要なんですかね?

 

窪田

でも『カタロゴス〜「青」についての短編集〜』を袖で観てて涙しそうになったよ。

 

春陽

おれも恥ずかしい話だけど自分の作品でけっこう泣ける。

 

一同 (爆笑)

 

春陽

めっちゃ恥ずかしいけど。

 

ーー

春陽さんは最近泣きました?

 

春陽

最近泣いたこと、、、?まったくないなぁ、、、

いちばん直近で半年前ぐらいかなぁ。

 

及川

え〜。

 

春陽

梨泰院クラスですね。

 

及川

あ〜泣ける。

 

窪田

あれはグッときたね。

 

ーー

(あ、観てない。。。)

 

春陽

梨泰院クラスのお父さんがスンドゥブ食べてるの見て泣きましたね。

 

一同 (笑)

 

春陽

梨泰院クラスの一番の泣きポイントってそこじゃないんですよ。

でも一番の泣きポイントでは泣けなかったんですけど

このスンドゥブを食べるシーンに主人公が勝ったっていうニュアンスが含まれていて

「なんてカッコいいシーンなんだ」と思って。

 

窪田

へ〜。

 

春陽

分かりやすくは演出されてない分、見つけた時にめちゃめちゃグッときて。

 

ーー

見つけられることが大事なんですね。

 

春陽

ぼく演技レッスンを養成所とかで教えてるんですけど

それまでビクビクして自分の表現ができなかった人が

思いっきりエネルギーを出せるようになった姿を見るとグッときちゃいますね。

 

人が変化する瞬間に立ち会うことってなかなかないじゃないですか。

自分自身が気付いたり、気付こうとして一歩踏み出す瞬間が好きだから

物語でも現実でも、人が変化する場面では泣けますね。

 

窪田

泣かせてくるやつではうちらは泣けないもんね。

 

春陽

泣けない。

 

ーー

おふたりは感動させる作品に対して逆に冷めちゃうってことですけど

及川さんはそういう作品に触れてどうですか?

 

及川

ぜんぜん泣きますね。こんなん泣くじゃんって感じです。

 

窪田

こんなん泣くじゃん。か。そうか

 

ーー

及川さんは最近何で泣きました?

 

及川

母はわたしが大きくなってからもすごい働いてたんですよ。

 

ーー

そうなんですね。

 

及川

わたしも最近昼と夜でバイトしてて

夜おそくまで働いて次の日の朝が早かったときに

どうしても起きれなくてサボっちゃったんです。

 

ーー

はい。

 

及川

わたしは甘いなって落ち込みながら

「ママはあの時すごいがんばってたよね」って話をしたら

「あんたもがんばってるよ」って言われちゃって泣きました。

 

2人 (大笑い)

 

(理解しようと話し合いをはじめる)

春陽

認めてもらったからかな?

 

窪田

安心とか?

 

ーー

さっき言ってた優しくされたら泣いちゃうっていうのとは違うんですか?

 

及川

それもあります!

 

窪田

そっか。仕事行かなきゃっていうときに

「いいんだよ休んで」って言われたら優しい言葉なのか。

 

春陽

うーん。

 

窪田

本当だったら「ちゃんと行きなよ」って言われるのが普通だから。

 

春陽

悪魔のささやきに聞こえるよね、おれらからすると。

 

一同 笑

(つづきます)
前へ
次へ
 SHARE!