2020/12/12

mammy-photo+.png
illust.png

演劇サロンプロジェクトなど

観劇者の立場から小劇場演劇を盛り上げたいと

活動なさっているどんぐりマミーさん。

あるとき「演劇の話がしたい」というツイートを見かけ、

それならば!とインタビューさせていただきました。

小劇場との出会いから、いま感じていることなど

マミーさんのふかーい小劇場愛。

全5回にわたってどうぞお楽しみください!

​1

2

3

4

5

5

やっぱりおもしろい、小劇場!

どんぐりマミー

あと、普通に暮らしてるなかで、気持ちと言葉が違うことってよくあるじゃないですか。

それを家族とか近しい人だったら読み取れたりするけど。

小劇場の作品はしばらく観てると、作品の中の人というより、そこにいる人という感じで

そういう気持ちも伝わってきたりする。これは大劇場にはないなと思います。

 

ーとってもわかります。その理由ってやっぱり物理的な距離なのかな?って。あとはクローズドな空間を共にしているっていうだけで、一歩心の距離が近い感覚。

 

どんぐりマミー

確かに。そうかもしれないですね。

大劇場は役者さんを登場人物として理解している感じで

共感も感情移入ももちろんするけど、情までは湧きにくい。。気がする。

 

ーはい。「今まさにここで起きている」っていう感じが小劇場演劇はありますよね。場面によっては、何もできないのに、私はどうしようってソワソワしたり。

どんぐりマミー

わかります!以前に、恋人の首を締めるという場面があるお芝居を、最前列の席で観ていて、何度も繰り返しの手法がとられていたんですけど3回目くらいの時に「もうやめてあげて!」って、本当に止めに入りそうになりました。

 

ーわ~(笑)

どんぐりマミー

どうにかハッと我に帰って、あぶないあぶない。って。

ーあぶなかったですね(笑)没入感というかここまで世界に入ってしまう感覚は他にないですよね。

どんぐりマミー

本当、観るのも疲れますよね。でも心地いい疲れというか。

スッキリするんですよね。

 

ーマミーさんは演劇サロンプロジェクトで演劇お茶会をやってらして、私もお邪魔したことがありますが、最近さらに盛り上がってきてらっしゃいますよね?

どんぐりマミー

はい、ありがたいことに!来てくれる人数も増えて。

マチソワの間に時間潰しでお茶会に寄ってくれる方が多くて非常にうれしいです。

あのせまい空間だとみんなでひとつの話題をするので、話に漏れる人がいないというのと、話しているのを聞いているだけという人も多くて。どんなスタンスでも気軽に来ていただければうれしいです。

ーなにが面白いかを知れるという意味でもいい場所ですよね。小劇場を日常的に観に行かない人たちってけっこう、最初に出会った公演がおもしろくなくてそれ以来一回も小劇場に行かないって人多いんですよね。

 

どんぐりマミー

えー!私に聞いて!本当に。

 

ーマミーさんがコンシェルジュのように好みに合った劇団を紹介してくださる?

 

どんぐりマミー

はい、どんどん聞いてください!

お茶会以外でもかまわないので。

ーすばらしい~!

どんぐりマミー

は~、また小劇場観たくなってきちゃった。。

ー(笑)。マミーさんの小劇場愛が溢れ出してきたところで、そろそろおしまいにしようと思います。

今日はありがとうございました!

どんぐりマミー

ありがとうございました。

(おわります。お読みいただきありがとうございました!)
前へ
先頭へ
 SHARE!