2020/06/08

このインタビューは本来、2020年5月20日から公演予定だった『嫌い』のことを伺うためのものでした。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため公演中止を発表したことで頓挫しました。

劇団5454はステージチャンネルに数多くの作品を登録していただいており作品を観るたびに聞きたいことが溢れてきたので「気になることを聞いちゃおう!」と思いZoomでのインタビューを決行しました。インタビュアーは仲 俊光(なか としみつ)です。

(劇団5454のロゴをZoomの背景にしたときの春陽さん)

春陽漁介(しゅんようりょうすけ)

劇団5454主宰。劇作家。演出家。

1987年6月2日生まれ。

第19回日本劇作家協会新人戯曲賞最終候補

CoRich舞台芸術まつり!2019春

制作賞、最多口コミ賞、主演の板橋廉平が演技賞 受賞

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

もくじ

第2回

劇団5454って、何でそんなに仲良いんですか?

劇団5454さんってすごい仲良さそうですよね。

 

春陽

(笑)そうですね。

仲良いんじゃないすかね、多分。

 

お絵かき企画とか座談会とかすごく楽しそうで、見ていても微笑ましいというか。

 

春陽

ありがとうございます。お絵かき企画はすごかったですね。ひどかったというか。

うちはあんまり飲みに行かないんですよ。

 

そうなんですね。

 

春陽

稽古後に飲むとか、演劇のいわゆるって感じじゃないですか。

公演の時はスタッフさんへの感謝もありますし、初日の乾杯と打ち上げはやるんですけどその間に2週間近く稽古してて、みんなで飲みに行こうとかもほとんどなくて。

稽古後に飲み会でお芝居の話をしたりするのは楽しいんですけど

稽古場で話せばいいことを飲み会の時に話せばいいやってなっちゃうのがイヤなんですよ。

 

あーなるほど!(大納得)

 

春陽

せっかくクリエイティブをしていく環境にいるのに、そこでは我慢して飲み会のお酒の勢いで

「あそこ、こう思う」とか「あいつがちょっと違うんじゃないか」という会話は稽古場でやれよって思っちゃうんですよね。

たまに熱くなって、飲み会で「俺らの芝居は!」とか言っちゃうこともありますけど(笑)

 

でも基本的には最近あったおもしろい話とかなんで。YouTube企画でああいう風にみんなが集まって話すこと自体が楽しいんですよね。慣れてないというか。

 

新鮮なんですね。

 

春陽

新鮮ですね。うちは年齢もまちまちで、もう10時過ぎたら眠くなっちゃう人とかいますし(笑)

うちの佐瀬恭代は、みんなと足並みを一生懸命揃えるタイプじゃないんですよ。

彼女なりには揃えているんですけど、常にみんなと一緒にってタイプではないので。

 

すごい慕われてる印象があります。

村尾さんと窪田さんの 54ラジオ でも言ってましたよね。

春陽

佐瀬は自分から何も話さないので、こっちが興味を持って色々聞いていかないと(笑)

何もわからないんでみんな常に興味を持つっていう、、、自分の話は自分ではしないタイプなんで。

そういう人もいるからこそ、稽古場で出来る限りコミュニケーションを取るっていうのが大事になってるんじゃないかなと思います。

 

今年劇団5454は8周年ですけど、良い関係を続けていくコツはありますか?

 

春陽

飲み会しないことじゃないですか(笑)

 

(笑)

春陽

何でもかんでも話すのは、良い面もあるでしょうけど危険でもあるなと思っていて

プライベートのことを何でもかんでも知る必要はないと思ってるんですよ。

誰が恋愛してるとか誰の家族が問題抱えてるとか。

力にはなりたいですけど、全てを知ろうと思うと

役者と演出家だったり役者同士の関係性から逸脱する瞬間があるなと思っていて

たまにある飲み会とかでは、プライベートの話を聞いたりはしますけど、稽古場に持ち込む必要はないので。

ごっちゃになっていると、関係ないことでぶつかるんですよ。

 

あぁ。

 

春陽

「こいつの性格がどうだ」とか、そんなのしょうがないじゃないですか。自分と性格が合わないことや価値観の違いはいくらでもあって

この問題が介入すると、芝居に対してのアイデアではなく誰が何を言ったかになっちゃうんですよ。

うちで言うと、小黒はトンチンカンな瞬間がいっぱいあって「今それ言う?」みたいなことはあるんですけど

ただ、小黒が言ったから面白くないアイデアっていう認識になってしまうと良くないなと。

 

そうですね。

 

春陽

学生の時ってスベりキャラみたいなのがいるじゃないですか?そいつが本当にいくら面白いこと言っても、スベりキャラにされてしまったらもう何言ってもダメなんですよ。

稽古場でそれはイヤだなって思っていて、今もそうなってる瞬間がないかって気をつけてます。

その人自身の性格と芝居に対してのアイデアが、ごっちゃにならないようにし続けるために

飲み会や稽古場の空気を意識してたのは良かったのかなと勝手に思ってます。

 

村尾さんの自宅の壁に『ト音』『トランスイマー』のポスターが貼ってあって

「本当にいつも貼ってんの?」とか聞いたりしないんですか?

(『村尾俊明の「百物語」2』より)

春陽

(笑)本当に貼ってるの知ってるんで。

 

あれはYouTubeの配信用に貼ってる訳じゃないんですね?

 

春陽

そういう男なんで(笑)。

 

村尾さんが主演の『tag』とかではないんですね。

 

春陽

そうですそうです。

みんな自分が主演した作品に愛情を持ってると思うんですけど、結構フラットなんですよ。

自分が気に入ってるチラシとかポスターを、ただ単に貼っている。

村尾さんはそういうタイプなんですよね。

 

劇団5454は年齢もまちまちで春陽さんよりも年上の方もいる中で春陽さんの言っていることに、みんなが応えようとしているように見えるんですけど。

 

春陽

どうなんですかね。。

ちゃんと主宰として判断することは意識してるんですよ。けど、トップダウンみたいなワンマンみたいには絶対なりたくないから

自分が迷ってることはみんなに意見を聞きますね。

逆にみんながやりたいアイデアを出してくれて

「面白そうだからやってみてほしい」とか言われることもありますし。

一応、形として承認みたいなこともありますけど

それぞれが面白いと思ったものが実現できるようにしたいなっていう理想はあります。

 

承認というのは、他劇団の公演に出演するとかですか?

 

春陽

他の劇団の時も一応報告はもらってますけど、、、

「これ出ます」って言われたら「了解」ってだけですね。

 

昔はTwitterで知るとかありましたけど(笑)。

 

(笑)

 

春陽

(笑)スケジュールとかあるんで「一応先に情報ほしいよ」って話はしたことあります。

次の公演決めますっていう時も、オファー受けてるものとか、やりたいことを確認して

全員のスケジュールが合うところを探る。

 

うちは劇団公演に絶対出なきゃいけない訳ではないので。もし劇団公演が決まってチラシができるまでとか公に情報を出す前まではどうしてもやりたいこととか出演したい作品がでてきた時に、どちらがメリットなのかを天秤にかけて

他劇団の公演に出た方が得るものがデカいという判断ができれば

「そっちに出た方がいいんじゃない?」って話にもなったりします。

(「ドラマチックな出会い。」につづきます。) 
前へ
もくじ
次へ
 SHARE!