2020/06/08

このインタビューは本来、2020年5月20日から公演予定だった『嫌い』のことを伺うためのものでした。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため公演中止を発表したことで頓挫しました。

劇団5454はステージチャンネルに数多くの作品を登録していただいており作品を観るたびに聞きたいことが溢れてきたので「気になることを聞いちゃおう!」と思いZoomでのインタビューを決行しました。インタビュアーは仲 俊光(なか としみつ)です。

(劇団5454のロゴをZoomの背景にしたときの春陽さん)

春陽漁介(しゅんようりょうすけ)

劇団5454主宰。劇作家。演出家。

1987年6月2日生まれ。

第19回日本劇作家協会新人戯曲賞最終候補

CoRich舞台芸術まつり!2019春

制作賞、最多口コミ賞、主演の板橋廉平が演技賞 受賞

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

もくじ

第6回

この日から冬服になります。の罠。

『ト音』はこれまで3度やられてますけど、『ト音』に対する特別な思い入れはありますか?

 

春陽

(劇団5454の)第2回公演が『ト音』の初演だったんですけど、はじめて動員1000人を超えた公演なんですよ。

小劇場演劇で1000人を超えるのは1つの壁だと思ってたので、第2回で超えた時は「きたな!」って思いました。

 

あと劇作家協会の第19回新人戯曲賞の最終選考に残ったので、はじめて作家として認識された感があって、自分の自覚も変わりました。

最近は高校生が上演してくれたりとか『ト音』が新しい出会いをいっぱい持ってきてくれてるなぁと思います。

『ト音』が特別大切な作品になってますか?

春陽

大切にはしてないです(笑)。大事ですけどジャマだなっていう時もあります。

『ト音』みたいなギミック芝居を期待されてるんじゃないかと思って迷走してる期間が長かったんですよ。

ギミックを作れる劇団としていけるんじゃないかって、自分たちが一番期待しちゃってたんです。

 

なるほど。

 

春陽

毎回お客さんを驚かせるためにどうすればいいかを考えまくってて。けど、お客さんを驚かせるために芝居やってるわけじゃないしなっていう。

そういう縛られてた時期が長かったんですよね。『好き』ができるまで迷走してました。

 

『好き』って2017年の作品ですよね。

 

春陽

そうですそうです。

 

2作目という早さが余計に意識させられたんですかね。

 

春陽

そうですね。しかも『ト音』は超無意識で書いてたんで。旗揚げして半年ぐらいで自分たちが何を作るかも定まってない状態で書いてたんで。

無欲で書いてたというか。そういうものに勝つのはむずかしいですよね。

そういうものなんですね。

ぼくが最近『好き』を観た理由は

(5/20〜公演予定だった)『嫌い』との関連があるんじゃないかと思ってなんですけど。

 

春陽

う〜ん、、、木並さんの一美ってキャラクターで書こうかなとは思ってました。

けど、もしかしたら関連するかもぐらいですね。

さっきの『ト音』の話じゃないですけど、危ないんですよ。やっぱ。期待すると(笑)。

『好き』とつなげるためにはどういう風に作らなきゃとか、『好き』で楽しんでくれた人がどうやったら楽しめるかなとか

無意識にも考えちゃうんで、考えにいこうと思ったらがんじがらめになっちゃうんですよ。

 

何かすいません。

 

春陽

こう見えても結構マメで、人が期待するものを裏切りたくないんですよ。

いい意味では裏切りたいんですけど、ガッカリさせたくないんです。だから『好き』に期待してくれてる人がきっといるから、意識はしちゃうんです。

けど、そうやってたら過去作に縛られて新しいアイデアも出てこないし、考えないようにはするんですけど、絶対なにかでつながってます。

 

お話を伺ってて、春陽さんは楽しませようという意識が強いと感じるんですけど

芸術家って言われると違和感ありますか?

 

春陽

芸術家に憧れはありますけど、ぼくはまったくもって違いますね。

ぼくは自分の言葉を持っていないので。

 

そうなんですね。

春陽

お客さんの中にはオリジナリティがあるって言ってくださる方もいらっしゃいますけど

場面転換も結局お客さんが観やすいものを構築した結果そうなってるだけで

笑いが多いのもお客さんが楽しむんだったら笑いが多い方がいいに決まってるっていう考えで。

 

ギミックやテーマ性が必要なのは、ただ笑ってる時間だったらコントとかコメディを見ればいいから

演劇では持って帰るもの、反すうできる時間が必要だからってだけで。

それを考えていった結果がオリジナリティになればいいなとは思ってますけど

「おれはこれが伝えたいんだ」っていう情熱はホント持ってないと思います。

 

そうなんですね。

どうすればお客さんが楽しめるのかっていう感覚をどう養ってるんですか?

 

春陽

どうしてるんでしょう。

でも日常生活での想像力というか、妄想力みたいなのは昔からあると思います。もともと勘違いしやすいタイプなんですよ。例えば席替えで、2回連続で同じ女の子が隣だったら「運命だ!」って思って確実に好きになってました。

(笑)

 

春陽

授業中たまたま目が合っただけで好きになっちゃったりとか。

逆に、休み時間に話しかけようと思ったら、その子が遠くにいっちゃって「嫌われた」って勘違いしちゃったりとか、いまだに人が自分のことをどう思ってるか、人が何を考えてるか、

そういうことで一喜一憂するタイプなんですよ。

 

なので、想像力、、、(笑)想像力が暴走するときがあるっていうのは、

一般的な感覚を持ちたすぎたあまり、こじらせた感覚があるかもしれないです。

 

勘違いしやすいから、相手のことをより考えないといけないんですね。

 

春陽

そうなんですよ。

勝手に嫌われてると思って、すごい頑張った記憶もありますし。

ただ、人と一緒になるのがイヤだったこともあるんですよ。目立ちたがり屋ではあるんです。

いろんな要素なんですかね。。。

 

衣替えってあるじゃないですか?

 

はい?はい。

 

春陽

制服の衣替えの時期を、めちゃめちゃ大事にしてて。

 

大事に、、、(笑)?

 

春陽

生徒手帳には書いてあるんですよ。

『何日が衣替え』って。

 

そうでしたっけ。

 

春陽

『この日から冬服になります』って書いてあるんですよ。ちゃんと。

だからぼくは、その日に合わせてちゃんと学ランで行くのに、ひとりだけ学ランになっちゃってたりする訳ですよ。

 

(笑)

春陽

恥ずかしすぎて。

 

その日が寒くなってるとは限らないですもんね(笑)。

 

春陽

けど校則には書いてあるから、そういうもんだと思って学ラン着ていったら

「あいつひとりだけ学ランだぜ。ぷぷぷ」みたいな。大して笑われてはないんですけど、すっごいバカにされたと思って、イジメられてるってぐらいまで気持ちが落ちちゃって。

だから衣替えの時期になると「あした何服で行くの?」って友達に聞いて

「あったかくなったし夏服かな」みたいなこと言われたから夏服で行ったら

その友達は学ランだったりするんですよ。

(笑)

春陽

「おい!夏服って言ったじゃねぇか!」みたいな。

社会性というか足並みを揃えるっていうのは今の世の中とても大事ですけど

ぼくはめちゃめちゃ敏感なんですよ。

でもそんなに個を失って集合体になるほど健気じゃない。もっと自分が目立つところにいたいとは思ってるんです。

社会性を持ちながら誰もがうらやましいと思う瞬間に目立ちたいんですよ。

コンビニの冷凍ケースに入って目立つなんていうバカなことはしたくないんです。

けど、「好き」っていうワードを誰よりも掘り下げたらお客さんがすごいと思ってくれるんじゃないか、面白いと思ってもらえるんじゃないかって想像することは楽しいわけです。

社会性がこじれたのかな、、、?ちょっと分かんないですけど。

 

今までの経験上、意識せざるを得ないんですね。きっと。

 

春陽

無意識に意識しちゃうんですよね。

 

ありがとうございます!

最後に『嫌い』は、「公演延期」ではなく「中止」という言葉を使用されてますけど

今後、『嫌い』を公演する予定はありますか?

春陽

ありますよ。

「延期」という言葉は、スタッフさんも含めて公開した情報が日時以外変わらないことだと思っているので。

演目自体はありますが、スタッフ・キャストがまったく同じメンバーっていうのは、むずかしいなと思ってるので「中止」となりました。

(2020年5月公演では出演予定ではなかった)及川はスケジュールが合うので、「延期」にはならないです。

 

「延期」という言葉の捉え方が、「まったく同じメンバーで」ということなんですね。

 

春陽

そうです。

 

安心しました。ありがとうございます。

(おわります。)
前へ
もくじ
1ページめへ
 SHARE!